心の不調を見つけたいなら|うつ病診断を利用すべし

病院

しっかり治すための工程

うつ病ははっきりとわかる病気ではないため放置されやすいこともあります。しかしうつ病は早期に発見して早期に治療を行えば治療する期間も短くなります。そのためにもちゃんと診断してくれる医師を選ぶことが大切です。

カウンセリング

精神病の治療 

うつ病は、様々な症状をもたらす精神弛緩です。症状に気付いたときにすぐに病院へ行き、専門の医師にきちんと診断してもらいましょう。まずはストレスの原因を追究し、それをなくしましょう。ストレスを軽減することで、症状は比較的治まって行きます。

相談できる場所その不調、うつ病かもしれません。信頼できる医師にまずは相談しましょう。

精神的な支えの基準

男性

安らぎの空間へ行こう

精神的な病は素人が確認できる視覚的な損傷が見えないため、うつ病の疑いがある方は早急に病院での診断を受けてください。診断を受ける病院を選択する時にはまず、予約システムから選別していくようにしましょう。ポイントはインターネット上に予約システムを構築している病院で、可能であれば担当医の名前や予約数の推移を確認できる病院がお勧めです。うつ状態の方の視点からだと予約システムは病院に行く敷居を、担当医の名前や予約数はその医師の信頼度の基準にできるので便利です。これらの条件が把握できたら、待合室の確認をして個室で待機できるかどうかを確認する事をお勧めします。うつの原因の中には対人環境が影響を及ぼす方も多く、順番待ちの最中に他の患者に合わなければ精神的負担を軽減できます。ただし待合室の条件がクリアできないならば、時間指定で来院し待機せずにそのまま診断を受ける形を採用している病院を選択するのもお勧めです。こうして当日診断を受ける日になったら、医師の口調からその医師が適切な診断ができるかどうかを判断してください。名医の場合だと一方的な診断を行わず、ゆっくりとした口調で丁寧にうつの原因を特定していくので、リラックスできます。この段階で医師が重度のうつと判断した場合は、ゆっくり患者との信頼関係を築くことに尽力するため、初診は何の変哲もない世間話で終わる事もあります。料金も初診は無料カウンセリングの場合が多く、精神だけでなく経済的な負担も極力低くなるような設計になっています。こうして治療工程に入っていくと、名医の場合は頻繁に来院を促し治療計画を提示してもらえるので、事前確認を行っておきましょう。また事前確認は処方される薬にも行う事が重要で、知識がなくともわかりやすく薬の効能を教えてもらえる病院を受診しましょう。一番重要なのは日常生活に影響がでそうな薬の効能で、中には睡眠を促してうつ治療を行うタイプの薬があるので注意が必要です。使用する薬を決定する前にも、名医ならばこの段階で血液を含めた体の各検査を行い使用する薬を決定します。うつ病の場合精神だけでなく、ホルモンバランスが原因で発病する事も多く、女性の場合は妊娠中も含めて特に念入りの診断が必要です。ホルモンバランスの場合は周期的にうつを発症している可能性も高く、長期的な診断が必要になってくるので、医師に原因を特定してもらいましょう。また病院の体制によっては海外の診断基準を参照している事も多いので、病院選びの基準として留意しておく事も重要です。

女性

最初の一歩をどうするか

普段の自分と違うなど、おかしさを感じてうつ病だと気がついた時は、精神科や心療内科、もしくは掛かりつけ医へ行きましょう。特に大病院へ行く場合、予め紹介状をもらいに掛かりつけ医へ行くのが良く、それから専門医の診断を受けるのがポイントです。

医者

問診の内容や検査の内容

うつの診断では、病院で担当医師が本人や家族に問診を行い、症状の出方や日常生活での支障などについて詳しく情報を得ることが重要です。診断基準にはICD-10とDSM-5という2種類がありますが、該当する項目数などから医師が相対的に判断します。