心の不調を見つけたいなら|うつ病診断を利用すべし

看護師

しっかり治すための工程

病院

医師選びも大事

うつ病を発症してしまう人は現代になって増えてくるようになり、まさに現代病といわれるほど多くなっています。しかしうつ病はハッキリとわかるような症状ではなく、身近な人がかかっていてもなかなか気づかないこともあります。風邪を引けばのどが痛くなり、咳が出て熱が出て、体がだるく感じて、症状がひどくなれば節々に痛みを感じるなど、自分は風邪をひいたとわかることがあります。しかしうつ病は、落ち込み、ネガティブな考えばかりしてしまい、ため息が多く、自殺願望を持ってしまうこともあるという症状といわれています。その症状を病気とと耐えられずに、一時的な落ち込み状態と考えてしまい、放置してしまうこともあります。うつ病は早期発見することで治療も短い期間で済ませることができるといわれています。しかし放置してしまえば症状が悪化することもあるといわれており、悪化すれば治療期間も長くなるといわれているため気を付けなければなりません。うつ病だと疑う1つの方法としてでは、その落ち込んだ状態からまったく立ち直る様子がうかがえないのが2週間から1か月続くようであれば、病気を疑っても良いかもしれません。そして病気ではないかと診断してもらうために、心療内科で診てもらうのですが、その時は医師にどのような症状が現れるのはをしっかりと伝えることが重要です。でなければ違う病気と診断される可能性があるからです。たとえばうつ病と双極性障害は似たところがあり、診断を誤りやすいといわれています。ほかにも精神疾患という精神病もあります。診断が誤れば処方される薬も違ってきます。薬が違えば病気を治すことができなくなるため、放置している状態と変わらなくなり治療が長引いてしまいます。そうならないようにするためにも、自分自身が感じている症状は医師にしっかりと伝えなければなりません。しかし医師によってはあまり患者の話を聞いてくれない人もいます。その場合は、あまり良い医師とはいえないので、勇気を出して違う病院に変えることも早期治療に向けての大切な判断となります。一番大切なことは自分自身がかかってしまった病気を治していくことです。完治することができるようになるためにも、自分が信頼できると感じた医師に診断してもらい、また社会復帰することができるように良い病院を選ぶことも、治療にかかわる大事な工程となります。うつ病は治らない病気なのではないかという人もいますが、そんなことはありません。ちゃんと治る病気なので、そのためにも早期発見をし治療に励むことが必要です。