心の不調を見つけたいなら|うつ病診断を利用すべし

看護師

精神病の治療 

カウンセリング

対処法と症状

うつ病は、精神疾患の一つです。ストレスが原因で憂鬱な気持ちが心を支配し、様々な症状をもたらしてしまう病気です。そしてうつ病は、病気であるということを自分で診断するのが最も難しい病気と言われています。その理由の一つが、うつ病によって起こる症状です。うつ病の症状には様々なものがあり、この症状が出たから、といって安易に診断出来るようなものではありません。例えばよくある症状が、倦怠感や喪失感などです。しかしこのような症状は、ただ何となくそう感じるという場合もあるため、ただの風邪や調子の悪さと勘違いしてしまう場合もあるのです。このような精神的な症状が出やすい人は、特に発見が遅れてしまうことが多いため注意しましょう。また、頭痛、吐き気、めまいなどの肉体的症状が出る場合もありますが、これも、風邪や生理痛などと間違えてしまう場合があります。自分で病気かもしれない、と判断するには、その症状がどの程度持続しているかを見極めることです。風邪などの場合、不快な症状はおよそ1週間もあればある程度落ち着きます。また、上記のような症状に加え、鼻水や喉の痛みなどの症状が出る場合があります。しかし、そのような症状が見られず、それ以上たっても症状が治らない、気分も落ち込んで倦怠感も続いているなどの場合は、病院へ行く必要があります。病院では、専門の医師が、きちんとしたカウンセリングのもと、病気であるかどうかを診断してくれます。うつ病は心臓が痛い、耳が痛い、目が痛い、などの痛みを持って知るものではありませんし、精神的なものなので出る症状にもばらつきがあります。決して自己判断せずに、医師にきちんと診断してもらうことが大切です。医者に診断してうつ病であることが判明した場合、まずやるべきことは、ストレスを減らすことです。仕事に対してストレスが溜まっている場合は、上司に長期休みたいことを伝える、育児でストレスが溜まっている場合は、親に子供を預ける、など自分を救うための対処を行いましょう。そしてその対処法は人それぞれです。身近な人や家族に理解を得るということも大切です。そのようにして自分の取り巻く環境からストレスをなくすことで、少しでも症状は改善される傾向にあります。うつ病になりやすい人は、何でも自分で悩みを抱え込んでしまう、まじめな人が多いと言われています。自分を守るために、楽をして時にはストレスから逃げるということも、健康に生きるための秘訣なのです。うつ病と上手に向き合い、健康な生活を送りましょう。